1からはじめるキネシオロジーとは | Oリングテストとは違う!完成度の高い筋肉反射テスト

キネシオロジーとは

  • HOME »
  • キネシオロジーとは

キネシオロジーとは?

キネシオロジー 筋肉反射テストの発見

キネシオロジーとは、もともとヨーロッパから始まった学問です。

ギリシャ語の「キネシス=動き」と「ロゴス=学問」を組み合わせた言葉です。

“どのように人間は行動するのか? どのように動くのか?”

を分析する学問が始まりです。

日本語では、「人間行動学」や「人間運動学」などと翻訳されています。

その後キネシオロジーは、カイロプラクティックを土台にし、

東洋医学、心理療法、栄養療法などの要素を取り入れながら、アメリカで体系化されました。

身体は、私たちが思うより正直です。

イメージしてください。あなたは次のような時、何に気付くでしょうか?

  • 好きなタイプの上司が、あなたに仕事を教えてくれるとき
  • 苦手なタイプの上司が、あなたに仕事を教えてくれるとき

リラックスする、身体が硬直する、声のトーンが上がる、思うように話せなくなるなど、人により様々な反応を示します。

これらは全て、体のサインです。

今のあなたの体の反応は、“あなたが無意識で何を感じているのか”を正直に表しているのです。

キネシオロジーとは、このような無意識、つまり潜在意識で感じている情報が、体に変化をもたらしていることに着目します。

キネシオロジーの技術である、『筋肉反射テスト』を用いて、あなたの「心と身体の声」を聴き、心と身体が今どのような状態であるかに気付いていることを、目に見える形で具現化する手法です。

筋肉反射テストとは

筋肉反射テストとは、私たちの「心と身体の声」を聴く方法です。

何事も解決するためには、まず「知る」ことから始まります。

筋肉は、心や体の状態によって、「身体(=筋肉)に力が入る時と、入らない時」があります。

このような性質を利用して、身体の動きを観察し、筋肉の強弱をモニタリングすることで、

あなたの「潜在意識は何を感じているのか」という情報を拾うことができるため、生活のありとあらゆる場面で活用することができるのです。

たとえば、下記のようなことを調べることもできます。

  • 身体が欲しがっている食べ物、欲しくない食べ物を知り、自分にあった食事法を知る
  • 体の不調を引き起こす、精神的ストレスの根本原因が何かを知る
  • 人間関係のストレスに振り回されない脳の使い方
  • 人生何をしたらよいか、その目標を見つける…その他

日本のキネシオロジーマップ

日本で学べるキネシオロジーは、大きく3つの分野にわけられます。

日本で学べるキネシオロジーマップ(CBKを除く)

1960年前半にジョージ・グッドハート博士によって、アプライド・キネシオロジー:AKが生まれ、

その一般・家庭向けとして、1973年にジョン・シー博士が、タッチフォーヘルスを発表されました。

基礎:タッチフォーヘルスから始まり

応用:スリーインワンやアプライドフィジオロジー(AP)が開発され

進化:サイバーキネティックス(CBK)
(APをより効果的に使いやすくしたもの)
APの創始者リチャードが開発した14経絡音叉をもとに26種類の音叉を創造したアランセールズ

このように発展しているのが世界のキネシオロジーの大きな流れです。

タッチフォーヘルスを学ばれた方がAPを学び、より臨床型のものとしてCBKが誕生。

それは安全なセッションへの通行手形というゲートを使ったフィンガーモードとNEWポーズロック アナログマッスルテスティングの発見でした。

そのCBKがより簡単に効果的になったキネシオロジーがIHです。

◆クリニカル・ネシオロジー(医科向けキネシオロジー)

医療者のために体系化されたキネシオロジーで、アプライド・キネシオロジー(AK)やバイデジタルOリングテストがこれに当たる。

アメリカではカイロプラクティックの大学で学んだ後に学ぶことができるため、クリニカル(医科向け)と呼ばれているが、日本では希望すれば誰でも受ける事が出来る。

しかし、解剖学の知識があることを前提とし、身体構造機能を主に扱うキネシオロジーなため、難易度は高い。

◆教育のためのキネシオロジー

こどもの教育、大人の学習の再教育のために用いられるキネシオロジー。ブレインジム101、OBO、ヴィジョンサークルなど、「脳」を働き・活性化に注目したキネシオロジー。

◆スペシャライズド・キネシオロジー(専門系キネシオロジー)

医療従事者しか学ぶことのできなかったAKを、一般家庭向けにまとめたTFHが始まり。

TFHを基礎に、心理学、東洋医学、栄養学など、ある専門分野に特化した独自のキネシオロジーが生まれ、発展していった。

現在世界で最も広がっているキネシオロジーの体系で、200種類以上のキネシオロジーが存在する。

キネシオロジー活用例

家族でのキネシオロジー

家族の健康、病気の予防として使われています。

家族の健康、病気の予防として使われています。

  • 自分の体に合った食べ物、元気になる食べ物を選ぶヒントに!
  • 心や体がなんとなく優れない時の、原因の究明と簡単な対処法に!

>家庭向けのキネシオロジー講座、「イチからはじめるキネシオロジー」

心理カウンセリングとキネシオロジー

近年、鬱、統合失調症、摂食障害など、原因不明の精神疾患・精神障害は、近年増加傾向にあります。

精神障害を抱える多くのクライアントの中には、ハッキリとした原因が分からず、また、これからどのように改善していくのか、治療法が分からないことに苦しまれている方もいます。

キネシオロジーは、肉体障害だけではなく、こういった精神障害の現場でも、セラピスト、クライアントの双方の助けになっています。

キネシオロジーは、筋肉の反応を通して、自分自身の深層心理や、内側を見る技術です。

そのため、カウンセラーが「相手をジャッジし、誤ったアドバイス」をする可能性が激変し、クライアント自身が、「自分の本当の気持ちが分からず混乱している状態」から抜け出す助けになります。

>キネシオロジーのカウンセリングについてはこちら

セラピーとしてのキネシオロジー

キネシオロジーのセラピー(セッション)の目的は、病気の治癒ではありません。

病気は、「サイン」なのです。

体が、病気を通して、あなたに訴えかけてきているのです。

自分のこれまでの生き方を、かえりみる時が来ているのだ、と。

ですから、キネシオロジーのセッションは、「病気を治す」ことではなく、「病気が治ったら、どのように人生を生きたいか?」という、お話から入ります。

自分を見つめなおす、新しい自分を見つける、一歩踏み出す…そんな時に、キネシオロジーのセッションを役立てて下さい。

>キネシオロジーのセッションについてはこちら

医療現場のキネシオロジー

キネシオロジーの1種であるバイ・ディジタルO-リングテストは、医療現場で、患者に適切な薬やサプリメントを選ぶために用いられているようです。

また、歯科でも、歯に詰める金属などを選択するために、キネシオロジーを取り入れている方がいます。

教育現場のキネシオロジー

子供たちの学力支援のため、アメリカ・イギリス・オーストラリアの小学校でも授業に教育キネシオロジー(ブレインジム)が取り入れられています。

ブレインジムは、脳全体をバランスよく活性化するための、大人でも子どもでも簡単にできるエクササイズです。

読み書きの困難や、言語障害などの子供達の学習障害の克服や、発達障害、アルツハイマーを予防する効果についても、研究が進められています。

>教育キネシオロジー ブレインジム

PAGETOP
Copyright © キネシオロジー セミナー.COM All Rights Reserved.