その1)朝の占いとはまったくの別物

「西洋占星術」と聞いたら、みなさんは何を思い描くでしょうか?
朝のニュースの星占いが一番身近なのではないでしょうか?しかし、本当の星占いはそう単純なものではありません。朝のニュースでは12星座(人間の持つ10天体の中で太陽があるサイン)によって人を12種類に分けて結果を出しています。12のパターンだけですから、人それぞれの情報を見ることは全くできません。

その2)例えば、月

実は西洋占星術の中で、太陽に次いで大事な要素と言われるのが「月」です。ご自身の月が、どの星座にあるか知っていますか?月は「心」や「お母さん」などを表しています。例えば月が魚座に位置する方は、とても感情豊かな性質を持っています。または感情で動き、周りから理性的にみられないといった事もあるかもしれません。それを欠点だと悩んで、感情を押し殺すクセがついていたら、本来の自分から逸れている事になります。感情を押し殺すクセは「常識や親のしつけ」などによって後天的に作られた自分なのです。
感情的な部分を長所として捉える事が出来れば、仲間の感情の機微を察知し気配りの天才と呼ばれる様な才能を発見できるかも知れません。このようにホロスコープは本来の自分と、後天的な自分のズレや、神様から与えられた本来の個性や、今生の人生のテーマを教えてくれているのです。

その3)まだまだある、占星術の大切な要素

以下に示すホロスコープ(出生円)をつくり、すべての星が示す情報をすべて見ていけば、要素は12星座×12要素(10天体+ASC+MC)×12ハウス=1728のパターンになるのです。太陽だけの星占いとは全く別物です。
さらに、その1728のパターンの上にアスペクト(天体同士の関係)や天体の位置する星座の角度も関わっており、誰1人として同じホロスコープはありません。ここまでが個人の特徴を表すホロスコープ(出生円)の見方です。

運命の流れを見るには、さらに大きく要素が加わります。トランジット(経過円)と呼ばれる現在の天体の流れや、プログレス(進行円)が加わると複雑さが3倍増しになります。(最初に勉強する時は脳がショートするほどの複雑さです)しかし、本来の自分の才能に気づきを与え、人生において備えるべきタイミングを知る事ができ、大きく人生を変化させる大切な情報がそこに詰まっています。

円の周りの緑のフチに記号が増えたのが分かりますでしょうか?これはトランジット(経過円)と呼ばれるもので現在の天体の位置を示します。これらトランジットやプログレスと出生円の関わりを見る事で、運命の流れを予測する事ができます。


その4)自分でホロスコープを読んでみよう!

「百聞は一見にしかず」ご自身でホロスコープを読んでみましょう。ホロスコープ作成は意外と無料やってくれるサイトが多いのです。初めは読むのが難しいのですが、それらの無料サービスを利用して自分で読んでみましょう。ここからは、手の出しやすい「星座・ハウス・惑星」の3つの要素にしぼって読み方をご紹介します。あなたの人生のテーマを示す重要な情報が分かるかもしれません。

①「ホロスコープ作成」と検索

沢山の無料作成サイトが出てきます。(参考サイト:アストロディーンエスト)出生日時、時刻、場所を入力して作成します。

②ホロスコープから情報を得る

「○○座 ○星」や「○○星 ○ハウス」の様な情報です

実践

こちらのホロスコープを例にみていきましょう。

ハウス
円の中央あたりに数字があります。これらは「ハウス」と呼ばれる要素で、ホロスコープ上に12個あります。どのハウスにどの惑星があるかで意味が違います。ちなみに、7ハウスは「パートナー」を表し、結婚や恋愛について個人の特性が現れます。その180度反対側にある1ハウスは文字通りパートナーの反対の意味である「自分自身」を表します。

惑星(天体)
7ハウスの中に惑星を表す記号があります。皆さんも一度は見た事があるのではないでしょうか?女性のマークですね。下記の表から何という名前なのか見つけてみましょう。

サイン(星座)
一番外側に9が上下に向き合って重なったようなマークがあります。これは何という星座でしょうか?惑星と同じく下記の表から探して見てください。

さて、ホロスコープが示す惑星と星座の名前は分かりましたか?例題の正解は…「かに座 金星」「7ハウス 金星」

③あなたの星「○○座 ○星」/「○ハウス ○星」と検索

さて、これで準備ができました!星の多彩な情報は、色々な占星術家のブログやサイトによってネット上で手に入れられます。最初は読みづらいですが、そこに大切な情報があるはずです。

「ハウスで見るホロスコープ」随時更新予定です

第一弾 7ハウスで見る恋愛

注意事項

※ブログにてハウス別のシャインプラネット・シャドウプラネットの傾向を紹介していきますので、ご自身でも読んでみてください。(齋藤慶太ブログ
※こちらのページも随時、星の新情報を更新致しますので、ぜひチェックしてください。
※ASC、MC、ハウス、月の情報は、くれぐれも出生時刻が正確にわかっている上で見てください。(それらは進行速度が早いので分単位で正確に入力しなけれ意味合いが大きく変わってしまいます)

関連動画 ホロスコープの要素について(動画序盤) ハウスの構造 それぞれのハウスについて