2017年代替療法キネシオロジー合宿
内容はこちらから




未来人 ふくゆう いよいよ始動いたします!!


地球外惑星の未来人から今生の現代人として生まれ変わってきたこと、

その理由と使命について慶太さんより告げられていました。

2017年の久米島合宿にて総仕上げの特訓を受けその能力を活かせるように引き出してもらいました。

慶太さんのキネシオロジーを学んだこの1年半弱は、

徹底的に自分を見つめ受け入れ抱きしめていく作業でした。

恐怖が手放せない自分がいましたが、日ごろそのような自覚はなく常に抱え込んでいることに気づくのは、

それを手放した時であることを体感しました。

そう、それはバランスボールに立てた瞬間でした!

「バランスボールに立つ」ことが、こんなにも深いメタファが隠されているとは思わなかったのです。

久米島合宿では「左右脳の統合を行うため」慶太さんの指導のもと様々なホールブレインジムを行いました。

中でもバランスボールに立つという、ピエロのように立つ練習を日々やらされました。

はじめはまさに「やらされた」という感覚でした。

そんな中、立てるための修正を数回受けているうちに、

(できない)イメージから(できる)イメージに変わってきました。

立ったときの映像が脳裏に浮かんできたのです。

なぜ変わったのか。私の感覚を述べると、それは潜在意識にアクセスした修正が行われたからだと感じました。

カウンセリングをしながらのキネシオロジーテーピング、複数の聖品を使用した修正でした。

魂は、(できる)ことを知っている。

一方、恐怖の感情が思考で分析され(できない)と決めつけている。

体は思考を優先して立てない現実を創り出していた。

しかし、修正が入ることにより魂優先になり

(できる)という真実を体が採用した。のではないかと思っています。

立てた瞬間、思考は停止し魂と天と地だけがそこに在る、という意識でした。

そして、なんだかとっても幸せな気持ちになりまして、もう一回あの感覚を味わいたくて何度も立ってみました。

合宿が終わり久留米の自宅に戻っても、何度となく立ってみてはあの幸せななんともいえない感覚を味わっています。

(なぜか10年前からバランスボールはリビングに転がっていました)

「どっかにいっちゃったら、たてるよね~」と慶太さんもおっしゃいました。

驚愕しましたが今や慶太さんは講座もバランスボールに立ちながら講義をされたりしています。

濃厚な2か月間の久米島合宿で、キネシオロジーの手技だけでなく、たくさんの奥義を伝授していただきました。

そして私、ふくゆうの個性と混ぜ合わせ、伝授されたことを大切に大切に愛をもって実践していきたいと考えています。

手技、奥義については、一般のヒーリングやカウンセリングとは異なり

独特な手法を用いるため、よりセッションの効果を上げるためにも

私、ふくゆうのセッションについては、完全紹介予約制を取り入れております。

慶太さんのブログやYouTubeをご覧になって

慶太さんのキネシオロジーに理解を示していらっしゃる方に連絡をいただきたいと存じます。

(慶太さんのHPを見ました)と添えたご連絡をお待ちしております。

セッション等の詳細はメールにてお知らせいたします。

どうぞ宜しくお願いします。


ふくゆう

2018年1月9日開業

ふくゆうH良術


ふくゆう

住所
福岡県 久留米市

TEL
0942-80-4457

メール
fukuyu-h@excite.co.jp


受講生:ふくゆう(矢野裕子)
受講生プロフィール
ふくゆう
(矢野裕子)
【矢野裕子として】
1964年10月8日生まれ 福岡県久留米市にて出生
離婚2回 息子1人
看護師 主任介護支援専門員 社会福祉士 精神保健福祉士
大学病院臨床5年 介護支援専門員12年 精神科専門病院臨床2年


【未来人 ふくゆうとして】
幼少時
筑後川の堤防にてカラスや川や空と会話していた。
空が、「雨が降るので早くおうちに帰りなさい」と言い、
走って帰るとすぐ後ろまで雨が降りだしたが、濡れなかった。
まるで雨が待ってくれていたように。
遊びたい!と強く思うと自宅からお友達の自宅前にワープした。
突然いなくなり母が慌てた。お昼寝すると必ず別の場所に移動していた。
当時はそれが普通のことだと思っていた。
なぜ野菜は食べられるのに土は食べられないのか。
食べられるものと食べられないものはどう違うのか。
そんなことをいつも考え土や草を食べ石をなめてみたりしていた。
11歳のころ
毎日金縛りになる。身体が上下左右に高速で動かされる。
そして部屋の片すみから見下ろしていたりしていた。
今になって幽体離脱?だったかもと思える。
ぬいぐるみの目が動く、見つめられる。誰もいないのに声が聞こえる。
このころは恐怖におののき、暗いところが怖くて怖くて仕方なかった。
人の周りに輪っかがみえる。でも誰にも話さなかった。
14歳
頭の中で電話が鳴り響く。
ついに頭がおかしくなったのかな?と誰にも言えず。
1年間鳴り響き突然止んだ。
集中して勉強していると女性の声が胸から聞こえてくる。
まるで呪文をとなえているような声。
そのころ自動書記で絵が描けるようになる。
26歳
小人が肩のってじっと私の顔をみている。
ずっと後に小人の図鑑がでたが、全く同じ顔形だった。
28~30歳
巨人が数回現れる。なにか言いたそうだがわからず。
33歳
いろいろな不思議なことに対して、
このままでは頭が変になるのではないかと感じ、
すべて否定し見ない見えないことにする。物質主義に努める。
51歳
慶太さんより私の前世は未来から来て、地球人でないことを告げられる。
愛をもってまだ生きたいと願う人々を
死から引き戻す使命を担っていることも。

【受講歴】
1からはじめるキネシオロジー基礎講座
1からはじめるキネシオロジー上級講座
メタファーキネシオロジー講座
風水キネシオロジー講座
ホールブレインキネシオロジー講座
潜在意識カウンセリング講座
頭蓋骨微細ヒーリング&代替療法講座
超微細筋肉反射テストInDepth講座



琉球キネシオロジー - Copyright 2018